岩手日報2020新春トップインタビュー

top message

社長業593日目。

 あけましておめでとうございます。会社を設立し、早いもので1年8ヶ月に突入しました。お客さまと一緒に、これからのイケてる企業とは?を考えてきたわけですが、2020年はそれらがカタチとなって次々とお披露目になる年です。新社屋に移転、オフィスや自社ジムのリニューアルなどなど。出来上がる空間はあくまでも、イケてる企業としての手段の1つではありますが、空間が変わることは社内外にインパクト大なアクション。それをどうイベントとして活かすか?もプロデュースしています。会社を変えていきたい!何かをはじめたい!という方にはきっと参考になると思います。2020年はたくさん会える場を作っていきます。全国各地に出没するので会いに来てください!

2020年は「事始め(ことはじめ)」にぴったりな気づき多き1年となりますように。本日、地元紙の岩手日報「新春トップインタビュー」に抱負を掲載致しましたのでこちらにも同内容を記載いたします。

「人が集まる職場・工場を全国に増やす」

 弊社のブランディング・デザイン事業では「19のデザイン戦略で会社の軸をつくる」をスローガンに、魅力をブレずに発信し、人が集まる会社づくりをお手伝いしています。ブランディングに取り組んだ結果、ロゴマークやユニホームを変えるだけでなく、オフィスをリノベーションする企業もあります。企業のクリエーティブディレクターとして、岩手から広島まで全国でプロジェクトを進めています。

 工場建設のネットワーク事業では、全国の建設会社とパートナーシップを結び「人が集まる工場 オープンファクトリー」の建設を展開しています。休廃業・解散が増加の一途をたどる製造業では、人材確保は大きな課題です。生産効率、衛生管理など工場で大切なことはたくさんありますが、働き手がいないと生産活動は維持できません。特に、世代交代前後の経営者・後継者は採用問題に敏感です。

 そこで、弊社では同じ危機感を持つ人たちと人気の工場・企業を見に行き、ヒントとひらめきを得る活動を始めました。昨年12月にはお客様、ネットワーク加盟店13名で台湾視察を行いました。台湾を選んだのは、観光工場と呼ばれる人が集まる工場づくりを、国が施策として取り入れているからです。また、東日本大震災で支援いただいた台湾に行くことで、岩手に本社を置く弊社ならではの恩返しになればと考えたからです。今後も台湾訪問を続ける予定です。

 ブランディング・デザイン事業で必ず行うのは、理想の社風をスタッフ自らが考え、経営理念やルールを見える化するワークショップです。思いを形にすることでお客様のモチベーションアップを図ります。今年はそのノウハウをテーマ分けし、気軽に気付きを得る場として「工場モチベーション塾」というセミナーを月一回東京・大阪で開催します。両事業を通じて「人が集まる」職場づくり・工場づくりを全国に広めて参ります。

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

年末年始休業のおしらせ

2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)まで年末年始休業とさせていただきます。ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。(お問合せフォームはご利用いただけます。担当者からのご連絡は休業明けより順次ご連絡致します。)

1月6日(月)より平常通りの営業となります。

DEOブログ|スタッフかとうまい盛岡市議選2位当選

8/26

社長業476日目。

つい先ほど、盛岡市議会議員「かとうまい」が誕生しました。投開票の結果、なんと2位通過。トップと惜しくも469票差。今週の出張準備で資料を作ったり、入稿準備をしていてどうしても選挙事務所に居れなかったわたしは更新される速報を見ては一人でお〜!と感動。当社のスタッフ、又はわたし、会長を知っているから。そのような理由で票を投じて頂いた方がおりましたら御礼申し上げます。

たまたま前回のブログでダイバーシティについて触れた。彼女は政治の世界ではマイノリティ(社会的少数派)である。初挑戦・最年少25歳・女性・レズビアン(本人が公表しているので記載します)・会社員。でも、2位で当選。岩手県盛岡市の4,425人がまいを支持してくれたという結果に驚いた。おそらく一番驚いたのは本人ではないかと思う。

選挙戦の週半ば、スピーチ内容に迷いが生じたらしく内容の添削を一緒にしたが、今思えば内容は当選結果には大きな影響なかったのではないか。そんな気がする。(わたしもそうだが、人前で話すことを繰り返して反応を見ながらブラッシュアップする。彼女の場合は短期間に大量の場数を踏んだため処理が追いつかなくなったパターン。)上記の政治的マイノリティの彼女が市議選への意識を表明したこと。そして、恐れることなく前に出て話す姿を皆様が評価してくれたと思いたい。

若い子が頑張ってるから応援したくなった。同じ女性だから頑張ってほしい。出身校が一緒だから。選挙カーを見かけたから。ひらがな5文字「かとうまい」が目に止まった。他にこの人というのがいなかった。きっかけはなんでも良い。4,425人がまいを選んでくれたという事実が大事。そして、それにどう応えていくかがもっと大事。

当社はデザイナーには裁量労働制を適応しているので、働き方は自由。なので、かとうまいはこれからもジュークのスタッフだし、今まで通りデザインやブランディング、ダイバーシティ推進に仕事をしてもらう。そして、新たに市議としての活動が加わる。自営業じゃないと。経営者じゃないと。やるなら会社は辞めないと。そんな一般的な風潮に流されず「ジュークらしい」「かとうまいらしい」スタイルで新・盛岡市議会議員かとうまいの出社を楽しみに待っている。

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

DEOブログ|ダイバーシティってなんだっけ?

6/3

社長業391日目。

「ダイバーシティってなんだっけ?が私も同僚もわからなくなってたから来ました。」これは先週ビッグサイトで開催されていたHR EXPOのセミナー内で「あなたはなぜここに来ましたか?」と講師から会場への投げかけに答えた視覚障害を持つ方の回答でした。その方の会社は視覚障害を持つ方と、いわゆる健常者が一緒に働く職場で、当たり前のように僕のようなスタッフもいて、なんか当たり前なんです、と言っていた。私は、その発言を聞いて大きく頷いた。

職業柄、ダイバーシティの講演を見つけては申し込み、多様性というキーワードを見つけては新聞や雑誌などインプットしているが、いつでも最初にくるのは私も「ダイバーシティってなんだっけ?」である。当社にはLGBT団体のトップとして活動するスタッフがいて、中国人スタッフがいる。友人にも中国人の子がいる。属性云々じゃなく、一緒に働きたいと思ったから今一緒の会社にいる。レズビアンだから、中国人だからではない。他のスタッフもそうだ。私が一緒に働きたかったから。それだけ。戸籍上の男女がいて、会長は父と同じ歳だし、25歳もいる。東北生まれがいれば東日本大震災で実家が流された沿岸出身者もいる。大阪も中国出身もいる。未婚も既婚も、ママもいる。こまろ部長という犬もスタッフの一員だ。属性は後からついてくる。なんとなくいつもダイバーシティと呼ばれる状況になっているのが私の近辺。

実は、このセミナーを受ける前週は、スタッフ麻衣のライフワークであるいわてレインボーマーチの取材を当社で行なっており、よかったら上司の方も、とインタビューの機会を頂いた。聞かれたことは3つ。彼女の仕事ぶり。初めてレズビアンだと告白された時のこと。そして、LGBTということで内定取り消しのニュースがあるが企業として多様性とどう付き合うか。仕事ぶりは申し分ないのでここでは触れないが、後の2つはせっかくなので書いておこうと思う。

初めての告白を、私は覚えていない。彼女ともその時のことを思い返してみたが、まさかの二人とも覚えていなかった。私に至っては「てゆうか、私に直接言ったことあった?」という始末。周りから聞いた気がするが、彼女から面と向かって言われた記憶はない。なので、私と彼女の間では「それくらい日常会話だった」という結論になった。この前何食べた?昨日こんなことあって。と同じ、他愛のない会話だったので覚えていない。ダイバーシティ当たり前状態の私には日常会話だった。

そして、企業と多様性。インタビューで私が答えたのは「みんなが取り組む必要はないと思う。取り組みたい企業があるならば、既存の環境で取り組もうとするのではなく、向いている職種を新たに増やす、という方が取り組みやすいのでは?」と答えた。当たり前の枠に悩んでいる分だけ人の気持ちに敏感だし、周りが見えていると思う。一般とは違う目線を持っていることが有利な職種がある。デザイナーのようにクリエイティブな仕事。ファッション関係もいいと思う。接客や営業なんかも視野の広さと違う目線でお客様の立場で考えやすい。一方、肉体的な力を要する仕事や業界だとなかなか難しいと思う。

私が前職でいた建設会社は、地方の中小建設会社なのにインテリアコーディネーターが10人以上いたし、私のようなブランディング、デザイン、広告を担当する者が4人もいた。建設業という旧態然業界にデザイナーがたくさんいた。つまり建設業にも関わらず、体力に関係なく能力を発揮できるフィールドがあった。一般的には外注する仕事である。でも正社員だった。意図的に職を作り出していた。女性を入れないと。外国人を入れないと。ないと、ないとで社会的体裁で入れたはいいが、今まで組織に居なかった人たちが個性を活かして仕事をするには受け入れ側の体制が整っていないと定着はしない。

これを機に私を取り巻くダイバーシティ状況を冷静に考えてみた。「向いている職種を新たに増やす」に加えるならば、それ以前に「どんな人が欲しいのか?誰と一緒に働きたいのか。何をその人に望むのか。」これを企業は明確にすべきである。採用のお手伝いをしているが、ここが抽象的な企業が多い。欲しい人がいるならば属性は大した話ではない。その結果が当社であり、前職であった。この人がいい!と感じたなら向いてる職をクリエイトすれば良い。人に合わせて柔軟に対応せずに、既存の組織にはめて考えるからおかしなことになる。まずは「誰と」そこを真剣に企業は考えるのが多様性への第一歩。

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

DEOブログ|働く環境について

4/11

社長業338日目。

小さい頃から体を動かすのは好きで、スキー、テニス、水泳、ボウリングとよく父と一緒に出かけていた。(父はちなみにボウリングの国体選手経験あり。私もスポ少で全国大会とか行ってました。)岩手に戻ってきてからはスキーに復帰したり、山に登ったり、夜にランニングをしたりしている。しかし、このいつでもどこでも出来そうな夜ランニングというのが社会人歴が長くなるとともに出張・仕事量が増え、帰るのが遅くなり徐々にできなくなっていった。「長時間働く=頑張っている」とは思わないし、高度経済成長期の価値観のように身を粉にして働くことは美德である、というのもアンチ。しかし、現実問題、どんなに効率的にこなしても仕事はなくならないし、クリエイティブ職はオンオフあまり関係ないので、目の前にある仕事を放り投げて定時で帰ります、というのが出来ない私の中の日本人らしさを実感していた時期があります。

今日は運動の話をしたいわけではなく、働き方の話。夜に予定があるので、いつもは夜派だが初めて朝ジムに行ってみた。二時間ほど運動してジムから出ても、まだ午前のいい時間。これから出社して夜の予定まで働いても十分時間がある。「あー。うん、こうゆう時間の使い方ってなんかいい感じ。」と思った。当社は裁量労働制だから働く時間は自由。兼業のスタッフもいるので、やることさえやってくれれば基本的には好きにしてもらって構わない。現に、なんだかんだと仕事以外に皆それぞれにやるべきことがあるようで、資格取得、活動団体のトップ、MBA取得のために通学、競技ビリヤード、プロ級DIY、子育てなど別の顔を持っている。何かにどっぷりエキスパートであることはもちろん素晴らしいが、これからの時代は器用にあれこれ精通している方が重宝されると思っている。武器が1つだけ、というのは潰しがきかないからいざ何か起きてしまうと苦労しそうだ。

経営者としては、本業のこちらの業務に支障がなければどんどんいろんなことをして欲しいし、それがまた新しいチャンスをもたらしてくれればWinWinである。雇用してあげている、ということじゃなく、持ちつ持たれつ。そんな関係で当社は運営していきたい。職場以外のコミュニティを幾つ持っているか?その深さは?が「きっかけ」が巡ってくる確率に大きく関係すると思う。ビジネスモデルの寿命がどんどん短くなっている今、このきっかけに巡り合えるかどうかは仕事に直結する。えり好みしなけれがどんな仕事にだって就けると思うが、やりがいや楽しいと思うかは別。人生100年で、本当に100歳まで生きるなら年金に頼らず100歳まで生きていけるお金が必要である。このお金をどう稼ぐか?私はどうせ働くなら楽しく稼ぎたい。うちのスタッフにもそうであって欲しい。

「経営者の仕事は経営のバトンを次に渡すことである」そう会長は以前から言っている。確かに会長がいた建設業は変化はすれど、無くなりはしないだろうから次世代にバトンを渡し会社を存続させることは大義である。しかし、ジュークアンリミテッドは建設業ではないし、専門サービス業というカテゴリー。今は、情報、ノウハウ、デザインを生業としている。この先どんな変化を遂げるかは未知数。変化は私、スタッフの「きっかけ」に掛かっている。就労規則を整備していて分かったが、日本では労働基準法の壁がありノマド、フリーな働き方が欧米に比べてしずらいことが分かった。スタッフ目線でああして欲しい、こうして欲しいと前職では思っていたが、経営者側になると、うん…こりゃ無理だなってこともたくさんあり、私的には日々吸収である。とはいえ、スタッフが「きっかけ」に多く巡り合えるような環境を作っていってあげるのが経営者としての私の仕事の1つだと自覚した一日でした。

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

岩手日報2019新春トップインタビュー

1/1

社長業228日目。

あけましておめでとうございます。2019年、ジューク(19)の年がスタートしました。弊社にとっても、皆さまにとってもキラキラした一年になりますように。本日、地元紙の岩手日報「新春トップインタビュー」に抱負を掲載致しましたのでぜひ岩手の方はご覧ください。

 

新春トップインタビュー

「デザインで経営を変えたい」

 昨年5月に設立し、コーポレートブランディング事業と工場建設の全国ネットワーク事業の2つを軸に全国で活動しております。

 コーポレートブランディング事業では「デザインで経営が変わる」をスローガンに、人が集まる会社づくりをお手伝いしています。欧米ではアップル社をはじめ、多くの企業でデザイナーが経営に深く携わり企業の成長の一翼を担っています。昨年は経済産業省より「デザイン経営宣言」が発表され、デザインが経営に必要なコンテンツとして認められました。私は起業するまでの13年間、地元建設会社で経営者直轄でデザインと経営企画を担当してきました。広告物を作るだけでなく、経営者と企画を練り、実現に向けたチーム編成、ミーティングのファシリテーター、広報も務めました。また、全国、海外出張で多くのことを見聞きし沢山の経営者と触れ合う機会を頂きました。しかし、デザイナーにこのような投資をする中小企業は多くありません。経営者と同じ目線でデザイナーに考えさせ表現させることが大切です。

デザイナーも色形だけでなく、経営、マーケティング、ITと経営者同じ広い知識や見解、コミュニケーション能力、プレゼン力が求められます。私自身は今もデザイナーであり経営者です。デザインと経営。どちらも分かるDEO(デザインエグゼクティブオフィサー)として、デザインで経営が変わることを推進していきます。

 工場建設のネットワーク事業「トップファクトリー」は昨年7月にスタートしました。「大手品質並みの工場を地元価格で」をスローガンに集客、提案力に優れた私ども本部と、全国の施工力に優れた建設会社をネットワーク化したものです。本年は得意のコーポレートブランディングで経営理念や働き方などを見える化し、商品がなくても人が集まる魅せる工場作り「オープンファクトリー」展開していきます。

 

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

2018年ありがとうございました

12/29

社長業225日目。

人様の会社のブランディングは生業なのでいいですが、やはり自分のこととなるとなかなか難しいもので、ジュークアンリミテッドとはどうあるべきか?を悶々とスタッフとともに考えていたのでしばらく更新をやめてましたが、方針が決まったのでまたブログを再開したいと思います。(方針は来年に抱負として書こうと思います。)2018年は怒涛の1年でした。起業、経営業、事業計画、事務所購入、スタッフの雇い入れ、就業規則、税務…初体験が多かったです。ちょっと聞いてよ!のノリで初めて知ったことは常日頃スタッフにもフィードバックをしていますが、みんなきちんと聞いてくれて、私の知らないことを更に教えてもらったりと「みんなで会社作ってるんだな」感がありとても心地よく過ごしています。人数が少ないのでまだまだお互いが目の届く範囲にいます。会社の立ち上がり時期は一度しかなく、この機会を私だけじゃなく皆にも経験してほしいので、2019年からはスタッフが誰でもいつでも起業できるように学びの機会を整えていきます。今年の最後に、昨日発行したスタッフとそのご家族宛のメッセージを掲載して終わりたいと思います。来年は2019年。ジューク(19)の年です。100年に一度のミレニアムイヤーなのでスペシャルな1年にしたいと思います。

 

ご家族の皆様へ

 5/19に会長の望月とともにジュークアンリミテッドを立ち上げて、怒涛の7ヶ月が経ちました。全国で私どもの起業を応援してくださる方々のおかげでブランディング、それに伴うデザインの依頼、また7月にスタートした工場建設の全国ネットワーク「トップファクトリー」と、順調に業績が立ちました。トップファクトリーは全国各地の施工力に優れた建設会社様にエリアパートナーになって頂き、集客力、提案力、デザインに自信がある私ども本部との二人三脚の事業です。年内に広島エリアの内諾も頂いており、年明けからは全国811エリアをカバーします。ダイレクトメール、ウェブ広告、展示会への積極的な出展で集客も順調で、多くのプロジェクトが全国各地で進んでおります。

 スタッフの皆様には、前職を同じくして新たな環境に共に飛び込んで頂きました。この人たちとならば一緒にやれる!大変でも新しくて面白いことに挑戦できる!と信じてお声がけさせて頂いた少数精鋭のメンバーです。まさに「同志」という表現がぴったりだと思います。一度しかない会社の創成期をこのメンバーで過ごせていることに感謝致します。転職という決断を応援してくださったご家族の皆様には、多大なる心配、不安があったとお察し致します。また前職にも増してフットワークが軽い会社なので、出張が多く異動もあり、ご家族と過ごす時間が物理的に少なくなるスタッフもおりご迷惑をおかけしております。やりがいと、業績という形でお返しできるよう精進して参りますので、引き続き応援して頂けると幸いです。

 最後に、会社立ち上げにあたりスタッフ、協力会社、お客様との「繋がり」を実感した7ヶ月間でした。この人数で事業を立ち上げ維持する為には、スピードと起業に至る諸事情を分かってもらえている環境が必要でした。しかし、来年は実力を試される一年になります。前職の件に触れるのも、この挨拶文で最後とします。ジュークアンリミテッドはこれから新しい風をどんどん取り入れサナギから蝶のごとく、変身を遂げます。私自身、初めての経営者業でまだまだ至らぬことがありますが、このメンバーと共に成長しあえる環境に身を置けたことに感謝致します。

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

宣伝部長が入社しました

9/19

社長業124日目。

会社を立ち上げて4ヶ月目の今日、スタッフが一人…一匹増えました。宣伝部長としてスタッフの飼っているミニチェアダックス「こまろ」が入社しました。なぜわざわざブログに書こうかと思ったかというと、前はできなかったことを新しい会社ではやりたいと思っていたことの一つだったから。小型であればペット可な物件だったのもあり、せっかくなら連れて来たら?と軽いノリで入社が決まった。

企業ペットは欧米では取り入れているところが多く、癒し効果だけでなく、スタッフ間のコミュニケーションを増したり、案外仕事の生産性が上がるんだそうだ。確かに、部長が仮入社していた時期にちょっと残業時間が押してしまい、スタッフの仕事が終わるのを待っている宣伝部長を見ていると「なぁ、もう帰ろうよ感」がすごい。早く帰らねば、と自然に仕事の効率、集中力がアップしそうだ。

そういえば、カリフォルニアのベンチュラにあるパタゴニア本社の見学に行った時も大きなレトリーバーが普通に歩いていた。ポートランドの珍しい木製フレームの自転車を作る会社にも大きなプードルが放し飼いになっていた。シリコンバレーのIT企業でもペット同伴出社は結構あるらしい。色々な働き方があっていいと思うので、そうゆうことを実験的にここで試してその結果や効果を皆様にお伝えしていきたい。私は犬や猫を飼ったことがなく、動物は見ているのは好きだが近寄られるのは怖いというややこしい性格だが、部長は大丈夫。きっと、部長も私が社長だと分かってそこそこ懐いてくれているのかもしれない。世渡り上手である。幸いにも飼い主であるスタッフ以外にも犬の扱いが慣れているスタッフが多いので、ジュークでは今のところ、企業ペットという選択はオススメです。

まずは「知ってもらう」ことがブランドにとっては大事。ということで、宣伝部長きっかけにジュークのこと、ジュークが運営するブランドのことに興味を持ってもらうのも選択肢の一つとしてこまろ宣伝部長のインスタを作りましたので、よろしければフォローお願いします。

https://www.instagram.com/komaro19unltd/

 

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

オフィス移転しました

社長業106日目。

9/1。ひっくり返すと19のこの日、オフィスを移転し事務所開きを行いました。今までは準備室のような空間で8畳にすし詰め状態でしたがいよいよ狭くてどうにもならず、移転する運びとなりました。

まずもって、移転にご協力いただいた皆様。本当にありがとうございました。また、移転に際し、工事を行なったわけですが近隣の皆様にも騒音などご迷惑をおかけいたしました。そして、引越し直前にクリーニング作業をスタッフ総出で行いました。自分たちの手で、汗を流して最後だけでも新オフィスの仕上げに携われたことは、会社設立期ならではの貴重な機会。スタッフの良い思い出になってくれたらと思います。大きなトラブルもなく無事開所となりましたので、ぜひお立ち寄りください。見学大歓迎です。

新しいオフィスは、実は私が生まれ育ったエリア。まさか馴染みのあるこの土地に自分が社長になってオフィスを構えるなんて37年前は思ってもいなかったし、父も母も幼馴染たちもびっくりだったと思います。盛岡市ではダウンタウンな茶畑(ちゃばたけ と読みます)。静かでアットホームで緑があって、でも程よく街にも近く良いところです。私のDNAであるこの街から、こうして全国で活動できることを嬉しく思います。スタッフが皆帰ったオフィスを見て、あっという間の3ヶ月を振り返りつつ、やる気に満ちておりますので、パワーアップしたジュークアンリミテッドを今後ともよろしくお願いいたします。

そして、オフィスを構えてわかった事が一つ。「社長がスタッフの誰よりも最初に会社に来てトイレ掃除をする」なんて話を聞いたことがあります。うん。分かります、その行動。もちろんスタッフの空間でもあるんですが、名義は私なわけです。そりゃ自分の部屋、自分の家は大事だしキレイに使いたいし、使って欲しい。愛車をピカピカにしておきたいのと似ている感覚です。前職からクリエイティブ部門だったので、自分たちの心地よい空間にしようと私物の持ち込みをちょこちょこしてましたが、今回はいよいよ大手を振って本やらポスターやら好きなものを持ち込んでいる最中です。

まだ棚など来ておらず未完成なので竣工写真は別の機会にアップしますが、とても素敵でジュークらしい空間に仕上がったので、ぜひ、オフィスに遊びにいらしてください。セミナーやミーティングなどできるスペースもあります。

 

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀