なんとか世代、という括り方について

社長業72日目。

先日、とある会で乾杯の挨拶をした方がいたのだが、その内容に違和感を感じた。多様性がキーワードだったのだが、それに掛けてその人はゆとり世代がすぐ辞めて困るとか、こっちがこういえばすぐパワハラとなって困ってしまう。と自虐的に笑いを誘っていた。その流れで、会社での多様性への取り組みを話していたのだが、私が感じたこと。それって、壇上で言うことか?しかも乾杯の音頭で。

スタッフの平均年齢が業界としては若い会社さんの会である。ゆとり世代とメディアや時代が勝手にカテゴライズした世代を前に、ゆとり世代というキーワードを出していいのだろうか?兎角ネガティブイメージが先行する言葉。その時代に生まれて、政府が決めた教育制度のもとに育ってきたので彼らにとってはどうしようもないし、自然な流れである。

その挨拶を聞いていて正直気分が悪くなった。なのに、その話に同調して笑っていた卓があった。おそらく同じ業界。業界ごとそうゆう差別に溢れている旧態然なのだと直感的に感じ、日本は本当につまらない国だと思ってしまった。

「最近の若いもんは…」これだけは言わないように意識しているが、比べることは当然ある。自分が進んできた道が間違いではないと思いたいから、異物の方が悪だと決めつけがち。経験を踏めば積むほどその傾向が強くなってしまうが、幸い私の周りにはつい最近まで学生だったスタッフがいる。特に採用や会社の見せ方を検討する上で必須な視点。学生は会社の何を見ているか。何に興味があるか。何に生きがいを感じるのか。それを彼らに教えてもらっている。私の先生は年齢は関係なく、私に不足している知識だけでなく感覚を与えてくれる人は皆先生である。

ちなみに私はミニマムライフ世代(1980-1988)というらしい。定義は以下。

1980年から1988年に生まれた世代。ちょうど昭和末期にあたり、小学校在学中にバブル崩壊、中学校在学中に阪神淡路大震災、大学卒業時は超就職氷河期と、受難の世代でもある。そのためか、将来に対するリスクを過大に見積もる傾向があり、消費を抑えて将来に備えて貯蓄しようというミニマムな生活を好む。また非正規社員が増加し、ミニマムライフにならざるを得ない状況もある。自身を縛る状況を極端に嫌い、一定の生活水準を保ちたい世代でもある。

どうだろう…私の周りにそんな堅実な人がいない。類は友を呼ぶなのか、私が知らないだけで一般的にそうなのか。それとも自覚がないだけで私も一般的には堅実な方なのだろうか。一つだけ言えることは、私がミニマムライフ世代の自覚がないとの同様、ゆとり世代だって自覚がないんじゃないだろうか?それを、ゆとり、ゆとりを言うのはかわいそうである。メディアの被害者。ネガティブなレッテルを貼られているからこそ、会話をしてみて、彼らの意見も聞いて対応すればいいだけ。何も、そこそこ大きな会で挨拶でする話じゃないな、と思った。得たことや良い話が色々あった会だっただけに、どうも後味が悪くなってしまって残念だった。私も人前で話す時は気をつけないと、と思った一日だった。

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

2ヶ月経って思うこと

社長業62日目。

あっという間に本日で創業2ヶ月。大きなトラブルもなく粛々と進んでおります。社長としての実感があるかと言われると正直まだあまりない。前職でやっていたようにブランディングミーティングをしたり、せっせとリスティング広告をセットしたり、パワーポイントで資料を作ったりとやっていることは大きく変わってはいない。この2ヶ月で社長っぽいことをしたことといえば?

・資本金を出した
・ささやかながら行った設立パーティーで会長より先に設立のご挨拶をした(会長より先に話すことはこれが初めて 地味に緊張)
・辞令書を作って社長印を押してスタッフに渡した
・「うちの社長です」と紹介されて名刺を出した
・月の収支が資本金を下回らないか気にしている
・事務所移転のために物件購入(人生初の不動産購入)
・見積書、請求書に私の名前が載る(最終責任が自分かと思うと事業の重さを感じる)

会長が先行して準備をしてくれていたのもあるし、事務的なことをしてくれるスタッフもいるのであまり法的、金回りのことをしていない。法人としての整備が先か?事業の安定が先か?(←今現在私がしているのはこっちの作業)これを初代経営者たちは同時に行っているわけで、頭が下がる。きっと私一人で立ち上げをしていたら、社労士、会計士、弁護士、銀行…パートナー探しから始まるわけで、お会いして話をしてみてとお願いするまでに時間もかかる。そんなことをしている間に2ヶ月なんてあっという間に経ってしまう。とてもじゃないがスタッフも雇えないだろうし、事業を展開するために動く暇も無く収入ゼロが続くだろう。

そして、もう一つ私がやっていないこと。それは、資本金集め。こちらも会長が先行して準備をしてくれていた(もちろん私も出しているが)。銀行に融資をお願いするという行為をしていない。元来会長は無借金経営を推奨している。それは中小企業におけるスピード感の問題で、小回りが効くことが必要とされる経営判断にはスピードが大事だと教えられた。大手にはないスピード感。

会長が社長時代に舵をタイムリーに切ることで、多くのことを掴み取ってきたのを目の当たりにしてきた。なので私も、無借金なら当然それに越したことはないと思っている。独裁である、と捉える人もいるかもしれないが、それなりの経験値を積んだ経営者がやる分には構わないと思う(ただし人望などソフト面も兼ね備えてないとスタッフとしては気持ちの面でしんどい)。議論している間にタイミングを逃すよりよっぽどいい。勝算があるならば、見逃し三振せずにバットを思いっきり振るべし。

社長経験において大事なところ(法的なことと金回り)が抜けている自覚はあるので、それはこれからOJTで経験を積んでいきす。

 

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

インハウスデザイナーの苦悩

社長業52日目。

中小企業のインハウスデザイナー。今日はそれについて書こうと思う。デザイナー。字ズラと見た目のキラキラばかりが目につくが、実際はそんなにキラキラもしていないし、楽でもない。いつも遊んでいるように見えるが、意外と地味なもんである。考えている時間がほとんどで、アウトプットに費やす時間は案外短い。

デザイナーの中でも企業内でその企業のために活動するデザイナーのことをインハウスデザイナー、社内デザイナーというのだが(資生堂のインハウスデザイナーとかは有名)、インハウスデザイナーというのは思った以上に辛いものである。中小企業でインハウスデザイナーとして13年勤め上げた友人もストレスと過労で奇病にかかり、死にかけた。過労というかストレスの方が大きいかもしれない。考えることが多く、負荷も大きく、やることも多い故に獲得するスキルはかなり大きく、結果私はインハウスデザイナーを経験してよかったな、と思う。

中小企業のインハウスデザイナーが辛い理由は私なりに2つ。「社内との戦い」と「効果測定の困難さ」 である。

「社内との戦い」
戦いというと敵味方となって物騒なので、社内調整、という方がいいかもしれない。そもそも論で。商品を開発するような業界ならば社内デザイナーがいて当然かもしれないが、私が前職でいたのは建設業だった。私は空間デザイン(設計やインテリアコーディネーター)ではなく、チラシなどの広告を作るデザイナーとして入社した。社内にその手のデザイナーを抱えずに広告代理店に丸っと外注するのが主流の業界である。多くの場合、経営者の意向で社内にデザイナーを抱える。そして、どの会社でもあるであろう「社長vsそれ以外」という構図。デザイナーが社内にいることを重宝すると感じてくれる人もいれば、また社長が変なのを入社させて、とか、デザイナーゆえのキラキラ感(冒頭にも書いたが大してキラキラしていない)が故にチャラチャラしやがって。と、やっかみの対象になることもしばしば。お客さまのため、会社のためにと最大効果を出そうとクリエイティブをしていくことがインハウスデザイナーの仕事だが、外に目を向ける前に、社内の説得や、やっかみを気にせずに頑張るメンタルが求められる。良くしようと思って仕事をしているつもりが、社内では逆に作用する…ああ。全くもって不条理である。

「効果測定の困難さ」
社内調整の難しさの理由がここにある。インハウスデザイナーが辛いのは実績が数値化できないこと。例えば営業ならば幾ら売りました、など数値による評価が可能だが(もちろん数値だけで評価されるのも良し悪しである)、デザインというのはそうはいかない。味や、色と同じで好き嫌いがあるのだ。主観によって評価が分かれる。つまりインハウスデザイナーの存在意義を動かぬ証拠として証明できるものがないのだ。(唯一出せるとしたら、これを外注したら幾らかかるがスタッフがやれば給与分で済むよ、くらいか)チラシを作ったところで、それが売れるか売れないかははっきり言って別問題だ。大手並みにマーケ部門があったり、KPI管理を徹底してPDCAを回してくれるマネージャーでもいるなら話は別だがそんな中小企業はまぁないと思う。売れない理由、売れた理由をそもそもジャッジできない状況で日々は進むのである。

チラシが良かったのか、集まった客層が良かったのか、営業トークが良かったのか、フォローが優れていたのか。うまくいけばよかったよかった、とわざわざ分析しようと思わない。逆もまた然り。売れなかった時は犯人探しになりがちである。デザインは要素の一部であり、人・部署・タイミング・コンセプトなど要素が複雑に絡んでいるので、分析を専門にする人がいないとはっきりいって原因を突き止めることは不可能に近く、仮説を立てることも正直難しい。

 

コンサルタントもデザイナーも社外の人と組むと第三者の目線で進めてくれるのでありがたいが、社内にいるとそうもいかず色々な事情が見えてくる。えいや!でやればできなくもないが毎日顔を合わせるメンバーにはできるだけ不快な思いをしないでもらいたいし。悩ましいのである、社内にいると。そんな辛い戦いを51日前に一旦終えた私は、関係者をうまく巻き込む調整力と根回しを覚えた。根回しは気遣いだと思う。その一言。この一枚の資料を見せれば丸くおさまったり、スムーズに進むことがたくさんあることを学んだ。そしてそれには順番やタイミングも非常に重要。丁寧に丁寧に。まめに。これからも忘れずにしたい姿勢だ。

 

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

プロジェクトドライブとは?

ブログを始めた日に書いておきたいことがもう1つ。ジュークアンリミテッドのロゴマークの下には

PROJECT DRIVE & DESIGN

と入れている。それについて解説したい。「ジュークアンリミテッドの業種をなんとするか?」と考えると、世の中で当てはまるとしたらコンサルティング業なのかもしれない。そして、デザイン・製作まで一社で承るワンストップサービス。しかし、私たちは「コンサルティング」と括られることに違和感を感じている。

Wikipediaには

コンサルティング (consulting) とは、企業などの役員(特に経営者が多い)に対して解決策を示し、その発展を助ける業務のこと。または、その業務を行うこと。

と書いてあるが、私たちはちょっと違う。提案型ではなく、ワークショップ型で進める。クライアントにはがっつり宿題を出します。一方通行の提案はうまくいかないのは前職で経験済み。(お金を払うのに提案してくれないの?と思う方もいるだろうが、宿題を考えてそれを全員分まとめ上げて、ミーティングでファシリテーターをするのは宿題をするのと同じくらいの労力です。)思いや熱量が伝わらないし、残らない。結果、付け焼き刃で終わってしまう。中小企業にとってはお金の無駄遣いであり、またそんなの連れてきて…と経営者とスタッフの心の溝を深くしがちだ。時間が多少かかれども「一緒にやる」時間が必要である。

会社のことはその会社の人が一番よくわかっているし、現場のことは業務に従事しているスタッフが一番よくわかっている。AからBに進もうとする経営判断。だが、そこには現場のままならない状況や、社内の人間関係など一筋縄ではいかない問題が山積みだ。前職で私はその間に立つような仕事をしていた。社内ブランディングと販促・マーケ。経営方針と業務をつなぐ立ち位置。社内コンサルティングをしながらアウトプットであるデザイン、販促の施策を行っていた。

社内にいるので外部のコンサルタントに比べて人間関係がわかっている。スタッフの本音もわかる。同じ答えに導くにもそのルートや手法は外部コンサルタントが取るものとは全く別である。時には遅くまでミーティングしたり、ご飯を食べに行きながら喧々諤々。まるで文化祭の前のような空気感である。ともに過ごす時間が絆になる。結果、それが信頼、求心力を生み出し、プロジェクトメンバーの温度が上がるのを感じた。これじゃない?本来のコンサルティングの形って。と私たちは思っている。だから、コンサルティングと括られるのは嫌で、もっとチームメンバーと距離が近い存在でありたい。

ジュークではプロジェクトを目的地に導くドライバー役を請け負っている。チームメンバーは同じ車に乗る。もちろん全員に役割がある。ナビをするもの。途中のスポットを調べるもの。パンクを直せるエンジニア。などなど。そんなイメージでプロジェクトを進める。そして、プロジェクトの理解を深めて、推進、伝えるためにデザインを手法として使う。ドライバーとデザイナーが一緒。ないし一社で完結すれば思いはスピーディーに抜け落ちることなくアウトプットされる。

なので、私たちは「PROJECT DRIVE & DESIGN」なのである。

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀

経営者のなり方

ジューク(19)アンリミテッドという社名をつけたが、毎月19日だけじゃ足りないので「9」のつく日に新米社長の成長記録として発信を始めてみようと思う。今日だけはブログスタート記念で1日に投稿。

社長業44日目。

世の初代経営者を尊敬する。会社の立ち上げというのはやることが…多い。というか、整えるべきこと。まずはこのバタバタした状況を貴重な経験と捉えて前向きに一緒にこなしてくれているスタッフに感謝。そして、あたたかく見守ってくれているクライアントにも感謝。お仕事の紹介をしてくださる皆様にも感謝です。

メンタル、フィジカル共に厳しい状況でも「ま、なんだかんだ楽しいからやれるかも。」と思えるのは、やりたいことをしがらみなくできる環境に身を置いたからだろう。

前職は中小企業としては大きな組織だった。やりたいことに従事していたので苦ではなかったが、組織ならではの制限やパワーバランスの見極め、事務作業と飛び出してわかったことは、随分と重石を背負った状態で働いていたのだな、ということ。今はドラゴンボールでいうところの界王拳。巨人の星でいうところの矯正ギブスを外した状態。組織は比べ物にならないくらい小さくなったが、その分フットワークとパワー、心の軽さは増した。この先は?その更に先は?と正直ワクワクする。

ところで、私はひょんなことから社長となった。世の社長には、自らの意思で志した人、継承のためになった人など様々だろう。そして私は、隠すことでもないので正直に言うと、なるつもりなくして社長になったのだ。間違えないで頂きたいのは「なりたくない」ではなく「なるつもりがなく」である。

前職の上司でもあり当時の社長でもあった人の退職を機に、まだこの人と一緒に働きたかったなぁと思っていたので正直にそれを本人に伝えてみた。親ほど歳が離れているその人は、豪快で繊細で、そして敏腕経営者だった。この数年間は特に行動を共にして全国津々浦々行脚させてもらったが、その人のような経営者は世になかなかいないことを知った。近くにいすぎて気がつかなかったが、日本で有数の経営者だと思う。こんな経営者が近くにいるんだからこれは相当恵まれている環境なのだと。

なので、もっと一緒に仕事がしたい、そう私が言うと「じゃ、俺は会長やるから、社長やってみないか?」と衝撃の提案をされた。37年間の人生でナンバーワンの衝撃。一瞬ひるんだが、その時読んでいた本を思い出した。「うっかりバッターボックスに立つ」バッターボックスに立つお声がかかるのは、こいつだったらできるかな?という期待がないとそもそも巡ってこない。そしてバットを振るにも日々の研鑽が必要だ。立つチャンスが来たならバットは思いっきり振るべし。失敗しても命までは取られることはない。

確かに…チャンスが巡ってこない人の方が多い中で、思いもよらず来たチャンス。やるでしょ。そりゃ。ちなみに社長を引き受けたのには本の他に幾つが理由があった。

①昨年99歳で亡くなった祖父(地元では有名な肛門科。天皇陛下から勲章をもらった人。まさに裸一貫な人。尊敬している。)は生前「あいつ(私)はいつか社長にでもなるんじゃないか」と言っていたこと。仕事の話はあまりしてこなかったが、実はそれなりに社会人として認めてくれていたこと。

②大学の友人が13年勤めたインハウスデザイナーを辞めて17年ぶりに地元岩手に戻ってくる決心を固めたのと同じタイミングだったこと。いつか一緒に面白いことをしよう!と学生時代に言っていたことがお互い大人になり、実現できそうだと思ったこと。

③優秀な営業で、いつか私が何かをはじめるときは絶対にスカウトしようと思っていた友人がいた。4年前に亡くなってしまったが、友人のお母さんから形見分けでもらった名刺入れが私の手元にある。それに社長と書かれた名刺を入れて、色々な地に連れて行ってあげたいと思ったこと。

④そして、一白水星の私は今年はなんだかすごい年なんだそうだ。開業◎。新しいことをはじめるのにベストな年。今年最強。私は今年なるべくして社長になったのかもしれない。そうゆうタイミングだったということで。

そんな感じで44日前に私はうっかり社長になった。信頼する経営者メンター付きの新米社長である。勉強中であることは恥ずべきことではなく、成長中であることをこのブログを使って記録をつけていこうと思う。

ジュークアンリミテッド株式会社
代表取締役社長/DEO 加藤瑞紀